全国のスーパーフード&サプリメント検索サイト
全国のスーパーフード&サプリメント検索サイト > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > リラックス効果のあるCBD商品の偽物の見分け方

リラックス効果のあるCBD商品の偽物の見分け方

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2021/01/04 -

近年はストレス社会と言われるようになっており、身体の健康だけではなく、精神面での健康も重要視されてきています。そこで、最近利用される機会の多くなったものに「CBD(カンナビジオール)」があります。CBDはアメリカやヨーロッパを中心に流通が拡大しており、日本でも多くのCBD商品がネットで販売されるようになっています。

CBDとは

CBDはそのリラックス効果から、オイルやシャンプー、入浴剤を始め、食品のグミなどにも使用されています。不眠や不安、ストレスの緩和などの精神安定効果の他、様々な疾患を改善する効能が認められています。実は、CBDとは栽培が違法と指定されている大麻に含まれている成分のことです。

当然、日本では法律によって、違法薬物の含まれている商品は販売どころか、所持することもできません。違法薬物とされている理由は、幻覚や妄想、パニック障害などの症状を引起こす危険性があるからです。それだけではなく、一度使用するとやめられなくなる依存性も大きな禁止要因になっています。

CBDの販売が認められているのは、同じ大麻でも違法薬物の成分が含まれていないからです。大麻の成分で違法とされているのは、テトラヒドロカンナビノール(THC)という物質です。日本ではTHCの含まれている商品は法律上、一切扱うことができません。

CBDのタイプ

CBDには主に以下の3つのタイプがあります。

1)フルスペクトラムCBD

フルスペクトラムCBDは、大麻の草から抽出されたCBDであり、大麻から抽出される化合物(カンナビノイド)が全て含まれています。従って、CBD以外に日本で違法とされる成分のTHCの含まれている可能性が高く、日本での使用は不可です。

ちなみに、純正のCBDは大麻の茎や種子から採れるものであり、大麻の花や草から採れる成分の中にTHCの含有量が多くなっています。

2)ブロードスペクトラムCBD

ブロードスペクトラムCBDはフルスペクトラムCBDから、違法成分であるTHCを除去したCBDです。

3)CBDアイソレート

CBDアイソレートは純正のCBDであり、CBD以外の成分が殆ど含まれていません。基本的に、CBDアイソレートが最も安全ですが、ブロードスペクトラムCBDにはアントラージュ効果(相乗効果)を得られるというメリットがあるため、利用されないわけではありません。

偽物を見分ける方法

CBD商品の偽物は違法薬物の含まれている可能性が高いため、購入に際しては偽物を見分けることが非常に重要です。特に、日本では大麻の栽培が禁止されており、販売商品のほぼすべてが輸入品になります。それだけ注意が必要になり、以下のことを必ず確認します。

1)商品表示の有無

最も基本となるのは、商品内容の記載されていないものは購入しないことです。化粧箱に写真とブランド名しか無いような商品は偽物と思って間違いがありません。

2)CBDに関する情報の確認

CBDの含有量や濃度、摂取量などの情報をチェックします。

①CBDの含有量 

CBDの含有量は一般的に「CBD300mg」などと、「mg」という単位で表示されています。単位が異なっていたり、不明だったりする商品は疑ってかかるべきです。

②CBDの濃度

商品におけるCBDの濃度は、「%」で表示されています。濃度の表示の無いものはほぼ粗悪品です。

③CBDの摂取量

CBDで重要なポイントになるのが摂取の仕方です。1回の使用におけるCBDの摂取量の表示が曖昧な商品は避けた方が賢明です。

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。